紙を使わないペーパーレス会議は仕事の効率を向上させることが出来る

SITEMAP

会議

ペーパーレス会議を導入して分かったこと

ガッツポーズ

私の会社では今、試験的に部署を選んでペーパーレス会議を導入しています。導入というよりもまずは率先して利用して、全社で利用するためのバグだしという表現のほうが正しいでしょうか。実際に私の部署もそのバグだしのために利用していますが、とにかくカラーコピー、コピー機、コピー用紙と3か月間でかなりのコストダウンにつながりました。役員説明なども多く、どうしてもカラーコピーをしていたところ、資料は必ず別途送付という形にして、モニターによる説明を基本にしています。最初は役員もなれない様子でしたが今では、これが当たり前になっていて、たまにカラーコピーをしているともったいないという顔をするようになりました。ペーパーレス会議というよりもペーパーレス「業務」にもつながっているというメリットです。これは本当に大きなメリットだと思います。
しかし、本当ならば1枚だけの資料説明で終わる会議のために、わざわざモニターを準備して事前に資料をメールで関係者に送るのは面倒だというのも現場の印象です。こうした部署ごとのメリットデメリットがきっとあるはずなので、ここをうまくバグだししたうえであるべきペーパーレス会議を導入すべきかと思います。

TOPICS

TOP